くまには3つの種類があった!原因別対処法とお勧めアイクリーム

目元は人を印象づける大きなポイント。

 

大きな目、ふっくらした涙袋、長いまつげ、しわの無い目元、綺麗な肌色・・・。

 

憧れの目元はありますが、実際に鏡を見ると自分の目元にがっかりなんていう経験ありませんか。

 

今回はそんな中から、くまを取り上げ、種類別の症状と対策をご紹介していきます。

 

特にアイクリームによるケアがおすすめです。
(「アイクリーム くま」で検索すると人気のブランドがけっこうでてきます。)

 

【3つのくまの種類・症状と原因】

@茶くま

主な原因は、「目元への強い刺激」。
・目が痒い時や眠い時に強く掻いてしまう。
・アイメイクをするときに、チップで強くこする。
・アイメイクを落とすときに、力を加えてゴシゴシこする。
上記に当てはまる方は要注意!

 

困ったことにこの茶くまは厄介者。
なぜかというと、肌の色によっては分かりづらいからです。
見極めるコツは、下瞼を引っ張ってみても色が変わらないというのが特徴です。

 

では茶くまはなぜできるのでしょう?
お肌の奥深くにはメラノサイトがあり、そこからメラニン色素が生成されます。
メラニンは日光の紫外線から守る働きがあります。
紫外線は細胞核のDNAを壊してしまう働きがあり、これから身を守るためにメラニン色素が生成されるのですが、強い刺激によっても生成されます。

 

基本的に肌はターンオーバーによって、新陳代謝を繰り返し、メラニン色素が沈着した肌はやがて角質となって排出されます。
ですが、強い刺激が繰り返されると、肌の奥深くに色素が沈着し中々改善できません。

 

A青くま

下瞼というのは、一番肌が薄い場所。
下の血管が透けて見え、尚且つ血流が滞っていると青くまの原因になります。
青くまかどうかわからない方は、下瞼を軽く引っ張ってみてください。
もし、くまの色が薄くなるようであれば、青くまタイプです。

 

血行不良、寝不足、眼精疲労などが主な原因です。

 

B黒くま

目の下にくぼみができて、そこに影が出来て黒く見えるのが黒くま。
原因としては、加齢やコラーゲンの減少によるたるみです。

 

このようにくまにもそれぞれ原因と症状が違います。
次に、くまの種類別のおススメアイクリーム成分をご紹介します。

 

 

【くまの種類別オススメアイクリームの成分】

茶くまは色素沈着が原因なので、効果的な成分は肌のターンオーバーを促進するもの。
「プラセンタ」や「ビタミン誘導体」が含まれているアイクリームがお勧めです。

 

青くまは、血行不良や疲れが原因。
温めることとマッサージすることが一番効果的です。
ですが、クリームも塗らずに皮膚の薄い目周りをマッサージすると今度は刺激によって茶くまが出来てしまいます。

 

アイマスクなどの温めるグッズの他、アイクリームにも温める成分が入っている物もありますので、そのようなアイクリームがお勧めです。

 

黒くまは、皮膚のたるみによるくぼみができることが原因。
コラーゲンの減少により皮膚がたるみ起こります。
ビタミンCはアミノ酸をつないでコラーゲンの形成に欠かせない役割を持っています。
「ビタミンC」を多く含むアイクリームがお勧めです。