クマだけじゃない!目元のお悩み第二位「しわ・たるみ」の原因と対処法

目元のお悩みで「クマ」の次に多いのが、「しわ・たるみ」です。
ここからは、そんな「しわ・たるみ」の原因と対処法についてご紹介をしていきます。

 

【原因】

@洗顔時のメイク残り

アイメイクがしわの原因になってしまうことがあります。
落ちにくいアイライナーやマスカラ、ラメ入りのアイシャドウを使うなど、アイメイクをしっかりめにされる方は要注意!
しっかりしたアイメイクを落とす為に洗浄力の強いクレンジングを使用したり、洗顔のし過ぎで肌のうるおいに必要な成分まで洗い流してしまっているのが原因。

 

A目の疲れ

目元の皮膚と、目周りの筋肉は深い関わりがあります。
スマホやパソコンが欠かせない現代。
また、コンタクトレンズの長時間の装着も疲れ目の原因になります。
眼球疲労が、しわの原因になるのは現代ならではのお悩みですね。

 

B乾燥と紫外線

目元の皮膚は薄く、皮脂の分泌も少ない部分のため、外からの刺激に弱い性質を持っています。
また、加齢とともに目元の皮膚が水分を保つ力が落ちることも大きな原因になっています。

 

 

【対処法】

@しっかりアイメイク派のあなたには

アイメイク用のメイク落としを使用しましょう。
専用のメイク落としを使用することで、肌に負担をかけずに落としきることができます。
また、皮脂が元々少ない部分なので肌のうるおい成分も一緒に取り去ってしまうことも。
メイクを落としたら、しっかりと保湿ケアをしましょう。

 

A目の疲れ

スマホやパソコンを長時間使用していると、瞬きの回数が半分以上減少するとの研究結果があります。
その結果、ドライアイになるだけではなく、目を潤わせている涙に含まれる油も減少してしまうことで、乾燥を強める原因になります。

 

ブルーライト対策の眼鏡をかけたり、適度な休憩も必要です。
また、目元を温めることも重要です。
長時間緊張して、疲れ切った筋肉は血行不良も引き起こします。
温めたタオルで目元を温めるだけでも変わりますので、1日に1回は目元の緊張をほぐしてあげる時間を持ちましょう。

 

B乾燥と紫外線

紫外線にはUVカットのサングラスや普段メガネやコンタクトレンズを使用されている方は、UVカットのものを使用されるのも効果的です。
ですが、ビジネスシーンでは中々そういった対処は難しいですね。

 

先にも触れましたが、メラニン色素が紫外線から肌を守ってくれますので、肌のターンオーバーを促すアイクリームでケアをするのがお勧めです。
また、乾燥を防ぐのも保湿効果の高いアイクリームが一番効果的です。